ローディング

ニュース

「ポケトークmimi」最大550台を大阪府下の学校に無償貸出

Silent Voice公式
Silent Voice公式

企画の背景

NPO法人 Silent Voiceでは、コロナ禍のろう児・難聴児の問題に焦点を当て、これまで全国に向けてオンライン授業の無償提供や透明マスクの配布などを行ってまいりました。

4月からは大阪府のコロナ禍支援プロジェクトとして採択頂き、DACCO(だっこ)プロジェクトという名称で大阪府全域への出張教室やオンライン授業の提供に力を入れております。

■DACCO(だっこ)プロジェクト概要ムービー:https://youtu.be/UwxZt3W96sM

これらの活動の中で、学校生活において「マスク外して」と言いにくい状況にある子どもたちの窮状を『ポケトークmimi』を開発しておられるソースネクスト株式会社様へ共有しましたところ、当製品で軽減される状況があるのであればということで、課題を抱えている学校現場への無償貸出を承認してくださいました。

今回、無償貸出する『ポケトークmimi』は、ボタンを押しながら話した音声をリアルタイムに文字に変換し画面に表示するツールです。複雑な設定がなく、ボタンを押すだけでスタートすることができます。授業、部活、友人との雑談など、あらゆる場面でマスク着用したままの会話をサポートすることができます。

■製品概要『AIボイス筆談機』:

ひとつでも多くの”分かる”体験を作りたいという想いから今回のポケトークmimiの無償貸出が実現しました。このツールをきっかけに話し合う勇気が持てることや、学校生活に少しでも前向きな気持ちが増えることを祈っています。

企画概要

ポケトークmimiは、話した言葉を瞬時に文字で画面に表示して、耳の聞こえない・聞こえにくい方とのコミュニケーションを円滑にするAI筆談機です。

本日9月10日(金)より、大阪府の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校に対し、本製品の貸出を希望する学級を募集し、2ヶ月から最大6ヶ月間、延べ最大550学級で実際に使用していただき、児童および生徒やその家族、教師などにどのような変化があったかを調査し、本製品の実用性を検証します。

この実用検証は、Silent Voiceが主催する、耳の聞こえない・聞こえにくい児童および生徒を支援する「DACCO(だっこ)プロジェクト」の一環として行なわれます。本日より大阪府から対象校に配布されるチラシおよびwebから応募できます。

【申し込みフォーム】:https://forms.gle/ocCfiFZkmtHSyLpu7

実用検証概要

■スケジュール
9月10日(金) 端末利用希望学級の募集を開始
10月 希望学級へ端末配布および使用開始
12月 中間アンケートを実施(予定)
2022年4月以降、最終調査結果まとめ
■学級数
延べ、最大550学級
(50学級は約6ヶ月使用、500学級は前半と後半に分けてそれぞれ約2ヶ月間使用)
■対象学級
大阪府の聴覚障がいのある小・中・高校生が在籍する学校・学級(普通校、特別支援学校を含む)
■使用シーン 友人、家族とのコミュニケーション、授業利用(教師が本製品を利用して授業を行ない、耳の聞こえない・聞こえにくい 児童および生徒をサポート) など
■申し込み
対象となる学校・学級は以下よりお申し込みください。
【申し込みフォーム】:https://forms.gle/ocCfiFZkmtHSyLpu7

Share

最近の記事


よく読まれている記事


カテゴリ