ローディング

ニュース

[まとめ]コロナ禍のろう難聴児へのサポート

Silent Voice公式
Silent Voice公式

追記情報
・11/8 本事業が関西テレビ『報道ランナー』に取り上げられました
・10/16 本事業がTBS『報道特集』で取り上げられました

Silent VoiceではNPOとして透明マスク無償提供(クリアマスクプロジェクト)や爆音コンビニといった啓発活動を行っております。すべてはコロナ禍において聴覚障害のある人々が取り残されないようにするための活動です。

本記事では下記の目次にそって、さらに支援を拡大していくための情報提供を行っています。

目次

①〜④をクリックするとページ内ジャンプします。
第3弾透明マスク無償提供
音声認識機器「ポケトークmimi」の全国への無償貸出
コロナ禍の交流ツール『MUTERS』の無償提供(予告)
コミュニケーション配慮のあるオンライン授業の無償提供
これらの活動をサポートしたい方へ

第3弾透明マスク配布


これまで1万5千枚を超える透明マスクを配布してまいりました。
ブラックロック・ジャパン様の協賛によって、第3弾を実施することが決定いたしました。
今回は特に学校や支援拠点における子どもたち同士や先生とのコミュニケーションを支えるために子ども向け透明マスクの輸入を完了しております。
配布するClearMask社の透明マスクは、米国FDA(アメリカ食品医薬品局)の認証を得ており、導入先としてApple社や英国民保健局、病院、学校(米国ギャローテッド大学等)など実績豊富な製品です。

応募方法

下記のページよりお申し込みください。
クリアマスクプロジェクト

音声認識機器「ポケトークmimi」の全国への無償貸出

大阪府では既に最長6ヶ月間の無償貸出を行っているソースネクスト様との共同プロジェクトを対象を全国に拡大します。
最長5ヶ月間の無償貸出を最大300学級へ、音声を瞬時に文字表示する「ポケトークmimi」を届けます。本体代金も通信費用も全額無償で貸し出しております。

一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティの当事者への実態調査(2020年4月23日〜26日)では聴覚障害者の52.5%が「情報取得について不便がある」と回答し、音声認識アプリの使用が推奨されています。
感染予防の観点ではマスクを外して口元を見せるといった行為が好ましくないため、授業や部活などの筆談の難しいシーンでは、マスクをしながらでも使用できる音声認識アプリといった最新機器を取り入れることで意思疎通の手段が広がります。

応募方法

■無償貸出をご希望の方はこちら
ポケトークmimi無償貸出応募フォーム

コロナ禍の交流ツール『MUTERS』の無償提供(予告)


聴覚障害のある子どもたちはマスクで意思疎通がしにくい中で、難聴学級と通常学級の交流機会が相次いで中止となる等、相互理解の機会が非常に乏しくなっています。交流を促進するため、マスクをしながら”黙る”を楽しむゲーム『MUTERS』を制作いたしました。制作開始時にはクラウドファンディングを行い約300万円の支援が集まりました。そのご支援を活用させて頂き『MUTERS』の無償提供を行います。
「コミュニケーションの壁を乗り越えるのは、楽しい体験なのかもしれない」という私たちの気づきを気軽に遊べる「ボードゲーム」の形に詰め込みました。ぜひ皆様でお楽しみください。

応募方法

現在11月中旬より応募受付開始を予定しております。
下記のページよりご確認ください。
MUTERS商品ページ

コミュニケーション配慮のあるオンライン授業の無償提供

 コロナ禍で支援を受ける機会が減少してしまった全国ろう児・難聴児とコミュニケーション手段の合う先生をマッチングし、オンラインで対話授業を行っています。サークルオーというサービス名称で、2021年8月までに1300回を超える授業が無償提供されています。

詳細に関する記事

下記のページよりご確認ください。
聞こえない子どもたちを「世界にたった1人」の孤独から救う、オンライン対話学習コミュニティ

応募方法

下記のページよりお申し込みください。
サークルオー

これらの活動をサポートしたい方へ

これらの活動は、善意のご支援によって広がり、活動を維持しております。Silent Voiceでは上記の活動の他に、聴覚障害のある子どもたちへ向けて幅広く活動を行っています。ぜひ継続的にSNSでつながるや情報拡散で必要な方に支援を届けられるようにご協力をお願いいたします。
また、寄付をご検討して頂ける方に関しましては、お問合せフォームよりその旨をご連絡頂けますと幸いです。

SNSでつながる

Facebookページ
Instagram
代表尾中のTwitter

寄付する/寄付を検討している

お問合せフォーム

Share

最近の記事


よく読まれている記事


カテゴリ