ローディング

DEAF Biz


DEAFを雇用されている企業様が対象のコンサルティングサービス

DEAF Biz

DEAF Biz

DEAF Bizは、DEAFと聴者がともに働く上でのコミュニケーションの壁を壊すことで、「聞こえる聞こえない」だけではない、あらゆる違いに強い職場づくりを実現します。


こんな方に

  • DEAFの雇用を検討している
  • DEAFの離職率を下げたい

サービス内容

実際にDEAF:聴者=1:1という割合を実現しているサイレントボイスならではのコンサルティング。「DEAFにとって良い職場は、誰にとっても良い職場だった」という実体験に基づいています。

  • 日報サービス
  • 独自のロジック(EARTHモデル)に基づくルール整備

サービスフロー

①調査

聴者とDEAFの双方に対して、社内アンケート調査を実施します。

②課題整理

独自のモデル(EARTHモデル)を使い、課題の整理と現在地把握を行います。

聴者とDEAFの関係

①Enemy(敵)

相互に不安と不満を感じている

②Alien(宇宙人)

お互いに何を考えているか分からない

③Refugee(難民)

支援者によって援助されている

④Talent(特殊の才能)

特別扱いされながらも光るものがある

⑤Human(人間)

関係性の中に協調し協働している

(1)企業文化(2)設備(3)教育(4)関係性(5)評価(6)DEAFの能力(7)DEAFのモチベーションなど、様々な要素を考慮し、理想的な環境(EARTHレベル5)を目指した改善策をご提案致します。


③研修のご提案

課題に応じた研修をご提案します。

相互理解研修

現場でどのような問題が起きているのか、どうすれば解決できるのか、聴覚障害の特性について理解を深めながら参加者全員で考えます。

コミュニケーション研修

聴覚障害のある講師が、聴者とDEAFの共通のコミュニケーション方法や必要な姿勢についてレクチャーします。


④ツールのご提案

解決に役立つツールやルールなどについてレクチャーを行います。

理解を広げるツール
  • ・障害特性の見える化
  • ・各業務における改善ポイント整理
  • ※DEAF社員が聴者上司のもと自ら改善することを目指す
実践計画作成
  • ①人としてのレベルアップ
  • ②仕事のレベルアップ
  • ③チームワークのレベルUP
  • これらの観点で半年間の行動計画を作成

⑤実践フォロー

定期的に面談や週報メールでコミュニケーションを取り、現場での実践計画推進のための課題解決・チームビルディングを行います。

定期:面談or/and週報

DEAF社員について、改善行動の進捗を定期的にヒアリングし、到達度に応じたコーチングを行います。

提言書作成

面談結果などから、活躍しやすいDEAF像についての提言書を作成し、採用活動などに役立てていただきます。


Voice Of Customer


  • MOTEX

    左:樋口さん、右:DEAF石井さん

    「DEAFが抱える悩みだけでなく、受入側の悩みも経験や事例を交えたアドバイスが貰えた。」

サービスについてのご質問等、
お気軽にお問い合わせください。

CONTACT US