ローディング

スタッフブログ

ボードゲーム『MUTERS(ミューターズ) ジェスチャー泥棒ゲーム』商品紹介

Silent Voice公式
Silent Voice公式

全身で味わうコミュニケーション・スリル!全く新しいジェスチャーゲーム

宇宙を股にかける怪盗ロボット「MUTERS(ミューターズ)」になりきって地球のお宝を奪い合おう!
音が届かない宇宙で頼れるのはジェスチャーのみ。相手チームにバレないように、仲間にお宝の場所を伝える戦略型ジェスチャーゲームが誕生!

伝わる・伝わらないの境界線はとってもスリリング!
勝負の鍵を握るのは、仲間だけに伝わる秘密のジェスチャー「シークレットサイン」
異次元のコミュニケーションどっぷり浸かったあとは、グッと心の距離が近く感じるはず!

マスクをしながら声を出さずにゲームを行う「サイレント・プレイ」も可能です。
「MUTERS」で“黙る”ことがもっとおもしろくなるかも!?

商品紹介


[商品名]ジェスチャー泥棒ゲーム MUTERS(ミューターズ)
[発売日]2021年10月上旬
[価格]5,000円(税抜)
[プレイ人数]4~6名
[ゲーム時間]1ゲーム約40分
[対象年齢]6才以上
[商品サイズ](W)250×(D)250×(H)35㎜(箱サイズ)
[販売店] Amazon

[企画/製造/販売] NPO法人Silent Voice
[ゲームデザイン/制作] 株式会社人間
[監修] タンサン株式会社

基本ルール&ルール解説動画

「MUTERS」では2チームにわかれ、4×4の16マスに置かれたお宝(トレジャーカード)を奪い合い、そのポイントを競い合います。お宝を奪うためには仲間からの情報が頼りになりますが、その時間は声で会話することはできません。ジュスチャーや秘密のサイン(シークレットサイン)を駆使してお宝をたくさんゲットしましょう!

「MUTERS(ミューターズ)」の楽しみどころ

仲間だけに伝わる秘密のサイン「シークレットサイン」が勝負の鍵

「MUTERS」では相手チームにお宝の場所がバレてしまうと相手チームのポイントになってしまいます。各ラウンドの開始時には作戦タイムがあり、そこで仲間だけに伝わる秘密のジェスチャー「シークレットサイン」を決めることができます。シークレットサインを駆使して仲間だけにお宝を伝えましょう!

サイン盗みで一発逆転?!

「MUTERS」には泥棒として最も名誉なことがあります。それは相手チームのシークレットサインを盗むこと!ゲームの最後にシークレットサイン盗みに成功すれば、お宝の数が少なくても一発逆転で勝利できるかも?!相手チームのジェスチャーを凝視してお宝とサインを盗みましょう!

言葉の壁を超えて楽しめる

ゲームは声ではなくジェスチャーで進行するため、外国人との対戦や聞こえる人・聞こえない人がフェアに対戦することができます。また、ゲームで使用するカード類には日本語と英語が併記されています。
※説明書は日本語表記のみとなります

制作の背景

 NPO法人Silent Voiceでは、ろう児・難聴児の塾の運営などを通じてコロナ禍での聴覚障害のある子どもたちの変化に触れてきました。マスクの着用で口元が見えずコミュニケーションが取りづらくなる中で、難聴学級と通常学級の交流企画が相次いで中止となる等、お互いを理解する機会が非常に乏しくなっています。
 一方で「黙食」などといった「声を出さない」ことの重要性が広がり、視覚的・身体的なコミュニケーションの意義が相対的に向上したのもコロナ禍でした。
 この「MUTERS」の「MUTE!(声で話さない)」というコンセプトは「黙る」という制約にも思える事柄をろう者・難聴者の視点を用いることで、逆に視覚的・身体的なコミュニケーションの広がりとし、それをボードゲームにすることで新しい交流の形を作り出したいという想いから生まれました。

爆音コンビニを共同制作した株式会社人間と再びコラボレーションし、クラウドファンディングでは150名を超える方々のご支援を頂きました。心強いことに、アナログゲーム制作実績豊富なタンサン株式会社の監修を頂き、ボードゲームとして世に生み出すことができました。ゲーム誕生にお力添えを頂きました皆様にこの場を借りて、御礼申し上げます。

スペシャルサンクス(先着順/敬称略)

Ayano Kishi / ライフサポート / 岡松有香 / 岡田美幸 / 株式会社リペアサービス / 吉永享史 / 久山晋司 / 芹澤和彦 / 株式会社ウェブカラ / 知育ワッツ / Genglish / 小立かおり / 真田明子 / サナダ精工株式会社 / 大屋正子 / 大谷直紀 / 中須俊治 / 藤木和子 / ドリームアクチュアリー / 所博美 / 泉陽平 / 中村洸太

Share
この記事を書いた人
Silent Voice公式
Silent Voice公式
ろう者・難聴者の教育や就労環境をアップデートし、社会での活躍を増やすための事業を展開。最大の課題である「コミュニケーションの壁」から価値を生み出す挑戦を続けています。
Check SNS

最近の記事


よく読まれている記事


カテゴリ